館蔵品紹介

松竹梅太公望文日月硯

29.5×20.0×3.0(厚)(cm)。朝鮮王朝時代。渭原石(いげんせき)製。
中央の磨墨部が太陽、墨池部が月を表していることから日月硯(じつげつけん)と呼ばれています。周囲の文様は非常に精緻で松(左上)・竹(右下)・梅(左下)や太公望(中央下)などの吉祥文が施されています。
 渭原石は朝鮮半島を代表する石の一つで半島北部を流れる渭原江(鴨緑江の支流)で産出され、この石で作られた硯は「渭原端渓」と呼ばれて珍重されました。本硯は材質や大きさ、技巧から16世紀後半から17世紀前半にかけて贈答用に作られた特別品と考えられています。
 なお、寛永帝の御物であり、後に鳥取藩絵師の土方稲嶺〔ひじかたとうれい:寛保元年(1741)~文化4年(1807)〕が江戸市中で入手したという由来が硯箱に記されています。


関連リンク


渡辺美術館スタッフがイベント情報や、日々の出来事をつづるブログです

渡辺美術館だより


鳥取観光のお役立ちサイトです

鳥取因幡観光ネット


岡野元房さんの美術館です

モトフサ現代美術館


鳥取の観光にさらに便利なサイトです

鳥取麒麟ツアーズ 鳥取麒麟ツアーズ


シセイ堂デザインさんです

シセイ堂デザイン


インターネットミュージアムさんです

インターネットミュージアム


お宿探しに便利なサイトです

やど予約ネット